オリエンタルコスモス〜あなたの知らない中医の世界〜

中医学古典中医学学習鄭欽安

真火の上昇と未上昇の区別

君火相火の不足で陰気が増えることによるシチュエーションは以下の2種類が考えられる。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

冬の始まり

立は始まり、冬は終りや万物の収蔵を表します。この時期に農作業も終わりを告げて作物を蔵に収めます。人の気も体に収めて、発散させないようにするのが立冬や冬の養生の特徴です。... 続きを読むよ。

中医の雑記

天気が寒くなり、露が固まり霜になる頃合いから、「霜降」と呼ばれて、秋の最後の節気に当たります。... 続きを読むよ。

中医の雑記

中医の適応症について

中医の適応症は、中医の治療方法が広いため、その範囲も広くなります。... 続きを読むよ。

中医の雑記

かつて依頼されて書いた文章ですが、中医で今後治療を受けられる方のために、参考として読んでもらえればと思います。... 続きを読むよ。

オリエンタルコスモス中医の雑記学習

昨年辺りから、中国での母校である北京中医薬大学の日本校友会のメンバーで、中医の用語の世界的な標準化する辞典をつくろうという流れがありました。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

二十四節気「白露」

蒸し暑いながらも、徐々に夜や朝は涼しさを薄っすらと感じるようになりました。... 続きを読むよ。

中医学養生法

処とは「隠れる、終わる」などの意味があります。もうすぐ夏が終わることを表します。この時期になると朝晩の気温が低く、日中は高いことから温度差により風邪を引きやすくなります。... 続きを読むよ。

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial