オリエンタルコスモス〜あなたの知らない中医の世界〜

中医学古典中医学

李可先生「人体の陽気と疾病」から語録②

・血圧はなぜ高くなるのか。それは体に引っかかりがあるから。高い圧力があるから体は末端まで栄養される、そのため引っかかりがあれば血圧が高くなる。麻黄桂枝などを使い発汗させれば良い。

・現在ではエアコンなどにより陰寒の気が体内に入りやすく、その寒気が体内に蓄積され、病が出る。

・生物を食べたり、冷たいものを飲んだり、エアコンをつけたままでねたりする事で病になる。

・大都市の人間は、生活リズムが崩れており、古くからの養生の要領や原則、方法に背いている。人と自然を調和するには太陽が落ちてから10時までには寝るものである。陰陽がひっくり返ると人の生活は大自然の共に過ごせなくなる。寝る時間にはちょうど胆経で造血が行われ体の余計なゴミを綺麗にしてくれる時間である。

・間違えた生活理念が間違えた生活習慣を生む。南方で中医をする人は、南で熱いからといって涼薬を補うが、それは陽気を傷めるだけである。疾病の全体状況は外国人だろうが変わらない。

・陽虚は十中八九を占める。本当の陰虚は100に1あるかどうか。

・間違えた思考に陥ると滋陰降火し余計ひどくなる。扶陽をしなかった例は一つもない。

・陽気は先天の腎気と後天の脾胃の気が交わり一つの気になる。どれが中気か先天の気か分別が難しい。腎気は元陽ともいい命門真火は生命の根本で原動力である。陽気が損なうと非常に深刻な状態になる。自分の中に病気の感覚がなくとも顔色が青く暗い、赤みがないなどがある。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial