オリエンタルコスモス〜あなたの知らない中医の世界〜

中医の雑記中医学

二十四節気「白露」

蒸し暑いながらも、徐々に夜や朝は涼しさを薄っすらと感じるようになりました。... 続きを読むよ。

中医学養生法

処とは「隠れる、終わる」などの意味があります。もうすぐ夏が終わることを表します。この時期になると朝晩の気温が低く、日中は高いことから温度差により風邪を引きやすくなります。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

中国医学(以後:中医)は、2000年前の本「黄帝内経(こうていだいけい)」に書かれた内容をベースに、現代まで発展してきた経験医学です。 その内容には、針キュウ、あんま、スイナ、漢方薬などが含まれますと、以前の紹介のブログでは書きました。
今回はもう少し、進んだお話をしましよう。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

最近ニュースで、「あおり運転」が度々散見されます。何であおり運転なんてするんだろう?っていう心理も気になりますが、今回のニュースでは暴行に至った節ことも考え「怒り」について中医のお話をしましょう。... 続きを読むよ。

中医学養生法

八,固齒

齒不保固,則經絡不通,且生齒疾。清早睡醒時,則叩齒二三十下。每晚及食後必漱令潔凈。小便時閉口咬牙,後畢方開,永無齒疾,受用多多。... 続きを読むよ。

中医学学習方剤

ここ最近、熱中症で病院に運ばれるなんてニュースをよく聞きます。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学古典中医学鄭欽安

漢方に関わること生業にしていると、必ずと言って良いくらい不妊症で大変な思いをしている方にお会いします。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学学習

こんにちは、オリエンタルコスモスの中医師・伊藤岳です。
 
漢方の世界では、日本漢方・中医に限らず「証」を重要視します。「証」は字の通り証拠であり、身体の状態を表すための証拠基準と言ったところででしょう。
今回は、中医の「証」について解説をしたいと思います。
 

証の概念

 
人は、時間軸の中に生きていいます。今ここに、人生と言う名の一本軸があるとします。この一本軸のある段階のポイントで出ているのが現「証」であり、その証は時事刻々と変化が生じていきます。
 
 
診察では、あなたが持つ症状群に対して、現在どんな症状が・いつから・どのように起きているか・本来ある体質などを知る事で、「今の証」を立てていきます。
... 続きを読むよ。

中医学学習

この時期暑いはずなのに、「風邪を引いた」という方が多く見られる傾向があります。
症状はおおよそ、セキ、水っぽい鼻水、のどの痛みがほとんどです。
 

中医で風邪を引くメカニズム

中医の考えでは、気の低下=つまりは免疫力低下が起こり、「外邪」と呼ばれる外的気候変化や細菌・ウイルスなどを体が受け入れてしまいます。
 
外邪を受け入れることで、症状を起こします。これを「外感」と呼びます。当然、免疫力が低下の状態なので、体の中へと侵攻していきます。
 
外感の基本特徴は、みなさんが葛根湯を飲むような症状が多く「首・肩・背中のこわばり、発熱、悪寒」を主症状とします。これ以外であれば、体の中へと邪気侵攻の可能性が考えられます。
 

夏特有の病的原因

本来夏には、暑さに湿気を伴う気象状態を原因にする外感をおこしやすくなります。それを「暑湿」といい、風邪の症状に加え、体が蒸し暑く感じる発熱・体の重だるさ・食欲不振・食べても味が感じにくいなどの症状が現れるようになります。... 続きを読むよ。

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial