オリエンタルコスモス〜あなたの知らない中医の世界〜

古典中医学鄭欽安

1824年〜1911年、名を「欽安」とよび四川省で生まれた清代の名医の一人です。「黄帝内経」「周易」「太極」「傷寒論」などに造詣が深く、それらの本を元に医学理論の基礎を作り上げた人物です。また、火神派と呼ばれる流派の始祖とも言われています。... 続きを読むよ。

古典中医学鄭欽安

坎卦解について

ここでは言い切りを原文からの意訳にしてあります。... 続きを読むよ。

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial