オリエンタルコスモス〜あなたの知らない中医の世界〜

中医の雑記

小寒以後は、冷えて寒い時期に入りますが、まだその頂点まで達していないので「小寒」と呼ばれます。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

冬の始まり

立は始まり、冬は終りや万物の収蔵を表します。この時期に農作業も終わりを告げて作物を蔵に収めます。人の気も体に収めて、発散させないようにするのが立冬や冬の養生の特徴です。... 続きを読むよ。

中医の雑記

天気が寒くなり、露が固まり霜になる頃合いから、「霜降」と呼ばれて、秋の最後の節気に当たります。... 続きを読むよ。

中医の雑記

中医の適応症について

中医の適応症は、中医の治療方法が広いため、その範囲も広くなります。... 続きを読むよ。

中医の雑記

かつて依頼されて書いた文章ですが、中医で今後治療を受けられる方のために、参考として読んでもらえればと思います。... 続きを読むよ。

オリエンタルコスモス中医の雑記学習

昨年辺りから、中国での母校である北京中医薬大学の日本校友会のメンバーで、中医の用語の世界的な標準化する辞典をつくろうという流れがありました。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

二十四節気「白露」

蒸し暑いながらも、徐々に夜や朝は涼しさを薄っすらと感じるようになりました。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

中国医学(以後:中医)は、2000年前の本「黄帝内経(こうていだいけい)」に書かれた内容をベースに、現代まで発展してきた経験医学です。 その内容には、針キュウ、あんま、スイナ、漢方薬などが含まれますと、以前の紹介のブログでは書きました。
今回はもう少し、進んだお話をしましよう。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学

最近ニュースで、「あおり運転」が度々散見されます。何であおり運転なんてするんだろう?っていう心理も気になりますが、今回のニュースでは暴行に至った節ことも考え「怒り」について中医のお話をしましょう。... 続きを読むよ。

中医の雑記中医学古典中医学鄭欽安

漢方に関わること生業にしていると、必ずと言って良いくらい不妊症で大変な思いをしている方にお会いします。... 続きを読むよ。

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial